家電デート

だいたい、継続して会っていると、女性のほうから結婚はどうするかという具体的な話になって、そうした場合、そのまま結婚へと進むかはっきりせずに、こちらが煮え切らないなら女性の側からことわってくるのだと言うのです。

確かに、彼女たちと会っていても、結婚の話はでてこないなあ。

なんでなんでしょうね。

もし、リアルに結婚の話をつめることになったら、たしかに五人のうち誰って決められない僕は、きっと煮え切らない態度をとってしまうかなと思います。

もし、いざ五人それぞれから結婚を迫られたら、もしかしたら五人全員からふられることになるかもしれませんね。

とはいえ、今の状態が楽しいのです。

しばらくこのままでと思う僕は贅沢なのでしょうか。

だって、彼女たちとのデート、楽しいんですよね。

今のところ、彼女たちの行きたいところの要望を聞いて、彼女たちが望んだ場所へ行くようにしていますが、そのうち家電デートなんてできたらいいなあと思っています。

僕、家電が大好きなんですよ。

家電を僕に語らせたら、何時間でもしゃべってますよ。

家電デートをしたら、女の子におすすめの美容家電を紹介してあげられるんだけどな。

そのうち五人のうちのだれかと家電デートをすることになるんでしょうね。

五人の女性のうち、最近、会ったのはキャリアウーマンの彼女でした。

華やかできれいな女性

一人は大企業で総合職をしている、キャリアウーマン、もう一人は実家の和菓子屋さんをお手伝いしている子、三人目は百貨店勤務のデパガ、四人目は派遣で受付嬢をしている子、最後、五人目は製薬会社で研究職をしているいわゆるリケジョです。

もちろん、五人とも僕が五人の女性と継続して会ってるなんて知りません。

僕がなんとなく決めかねているだけなんです。

みんなそれぞれに魅力的でかわいいですよ。

婚活サイトで活動していると、プロフィール写真にだまされることもあるみたいですが、僕は映像関係の仕事をしているので、写真の加工を見抜くことができるんですよね~。

自分の仕事が意外なところで生きています。

なおで、写真にだまされるということは僕にはほとんどありません。

まあ、メイクでだまされているということはあるかもしれませんけどね。

さすがにメイクは門外漢なので、メイク上手だったとしても見抜けないと思います。

ここらへん、百貨店勤務のデパガあたりがあやしいかなと思うんですけど、デパート勤務なだけに華やかできれいな女性です。

多分、メイク上手だと思うのですが、自分は男なんでそのへんよくわかりません。

いったいどこらへんまでメイクでつくりこんでいるのか。

女性同士だとすぐ見抜けるらしいのですが。

その能力、僕にもほしいですね~。

別の婚活サイトで婚活をしている友人に話すと、僕みたいに五人の女性と継続して会い続けているやつは珍しいんじゃないかとのことです。

受身系男子

受身系男子。

そいつもなんにも決めやがらない。

まわりの人に決めてもらって、ミスをしても、まわりのせいというスタンスなんです。

そんなやつでもなぜかつきあってる彼女がいて、「自分がなにも決めないのではない、彼女に決めさせてやってるんだ」とバカな発言を本気でしているのを聞いたことがあって、絶対に受身系男子とは結婚しないぞとかたく心に決めています。

まあ、でも、受身系男子のたちの悪さと比べると、写真非公開男性の悪い方へのサプライズ感なんてかわいいもんだと思えますけどね。

見た目ではっきり白黒つくんですから、さっぱりしたもんですよ。結婚しなくてもいいなんていえないというサイトが今、婚活をしている私の中でかなりの流行になっています。

とはいえ、自分をブサイクだと思っていて、写真非公開にしている男性がいるなら、公開にしてほしいですね。

前述のとおり、私は蓼食うタイプです☆だいたいOKです。

写真非公開だといったい何がコンプレックスで写真非公開なのかわからないのですよね。

婚活をしているのですが、始めてみると思ったより楽しいですね。

自分が婚活をしても、需要があるのかななんてふと不安がよぎることもありましたが、ふたをあけるとそんなことはなくて。

最初は、街コンにでかけたり、お見合いパーティーにでかけたりしていましたが、最近は婚活サイトでの活動を中心に婚活しています。

婚活サイトで活動するようになってから、メールのやりとりから、実際に会うようになって、それから、継続してお会いしている女性が今5人ほどいます。

なんらかの積極性というか、自発性は必要

「おいおいちゃんと私は『さようなら』と言ったのに、なんで金魚のふんみたいに付いてこようとするんじゃい」と思いました。

「もういっしょにいるのがいやだから、そうそうに切り上げたんだよ」とはっきり言うわけにもいかなかったので、「予約しておいてコンタクトレンズを受け取りに行くので、お店に向かわなければならない」と言ったら(ほんとにその日はコンタクトを受け取りにいく予定でした)、お店にまでについてこようとしたのでこっちが驚きました。

ていうか、婚活なんだから、活動している時点で、男性の方にも女性の方にも、なんらかの積極性というか、自発性は必要ですよね。

婚活サイトのなかに一定数存在する受身系男子たち、いったいなにをかんがえているのかよくわかりませんね。

でも、婚活ベテランになりつつある私は、メールのやりとりだけで、受身系男子かどうか判別がつくようになりました。

なので、受身系男子くさいなというときは、そのままフェイドアウトするようにしています。

そんなに贅沢いってられる身分でもないのは重々承知ですよ。

でも、受身系男子ってけっこうめんどうなんですよ。

彼らが何も決めたがらないのも実はプライドの高さの裏返しで、というのも、自分が決めたことについて女性から難色を示されたりすると、自分が激しく傷つくから、だからなんにも決めたがらないんですよね。

ええ、もしかしたらこれも私のただの偏見かもしれません。

でも、十中八九あたってると思います。

だって職場の後輩にいるんですよ。